マネパの口座開設しようTop >  ロスカットについて

ロスカットについて_マネパでFXの口座開設しよう!

ロスカットはFX会社が強制的に私達の保有する
ポジションを決済するシステムです。
勿論一方的に決済するわけではありません。
投資家が預けてる証拠金が為替差損によってFX会社が
設定している割合を下回ったら強制的に決算されます。
これがロスカット。


できればされたくないですよね^^;
最低限証拠金を守ってくれるシステムではありますが
同時に自分の取引の判断の甘さを味わう瞬間でもあります。
判断が適正であれば利益が出てるかロスカットされるまで
損失額は大きくなりません。

ロスカットされる前には当然マージンコールが
かかるわけですが、それで対策が打てなかった
場合におこります。
そのポジションに関して取引中止になるわけですから、
レッドカードみたいなもんですね。

このロスカットになる保証金維持率の割合、つまり
ラインはFX会社によって異なります。

保証金維持率の割合が低ければ、ロスカットされる
割合も低くなりますが、その分、そこまで達した時の
損失額は大きくなります。
初心者の方でしたら、取引そのものに慣れるまでは
ちょっと高めの方が安全かもしれません。
まずは損失を小さくすることが大事です、
慣れれば損得の判断もだいぶレベルアップすると
思いますから、それからでも遅くないと思います。

ロスカットはほぼ、どのFX会社にもあるシステムですが、
マージンコールはないとこもありますので、口座開設前に
チェックしておきましょう。

マージンコールとロスカットは無いほうがいいって方も
いますが、初心者の方ほど必要性は高いと思います。
仮にベテランでもついほったらかしにして証拠金を
完全に割ることになれば大変ですからね。。。

やはり必要なものだと思いますよ^^;

取引のリスク
関連エントリー
・利益を出す人、損する人
・全ては自己責任
・マージンコールとは
・マージンコールにかかったら
・ロスカットについて
・損切りについて
・損失を取り戻す!と意気込むほど・・・